“人種タブー”を描いた「ブラック・クランズマン」の本気度

公開日: 更新日:

 黒人ピアニストと白人運転手の友情を描き、米アカデミー作品賞を獲得した「グリーンブック」が、欧米メディアや黒人社会の一部から厳しい批判にさらされている。その多くは“白人監督が彼らに都合よく黒人差別問題を扱った映画”というものだが、単に感情的な反発とおぼしき論調も少なくない。映画批評家の前田有一氏は、この騒動の裏に別の一本の映画作品があると指摘する。

「『グリーンブック』は確かに社会問題をあからさまに糾弾するタイプの映画ではありません。しかしトランプ登場以降の分断社会に危機感を持つハリウッドで融和と希望を訴える実話美談が作品賞を取ったのは必然だし、映画の出来もいい。ただ今年は候補作に、黒人から圧倒的な支持を集める社会派監督スパイク・リーの『ブラック・クランズマン』があり、これを蹴落とした格好になったため、騒ぎが大きくなったきらいがあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  5. 5

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  6. 6

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  7. 7

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  8. 8

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  9. 9

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  10. 10

    衆院沖縄3区補選 屋良朝博氏の勝利に敢えて水を差す

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る