「ボヘミアン・ラプソディ」監督 複数の少年にセクハラか

公開日: 更新日:

 米アカデミー賞作品賞などの候補に選ばれた英ロックバンド「クイーン」の伝記映画「ボヘミアン・ラプソディ」で注目されるブライアン・シンガー監督(53)に、複数の少年に対するセクハラ疑惑が浮上した。

 発売中の米誌「アトランティック」が被害者の証言を報じた。

 同誌によると、ある被害者は13歳の時、シンガーの監督映画「ゴールデンボーイ」(1998年)の撮影にエキストラで参加。シンガーから体を愛撫されたと証言した。また別の被害者は17歳か18歳の頃、シンガーとオーラルセックスをしたとしている。ほかに2人の男性が15歳と17歳の時にシンガーと性的関係を持ったと告発した。

 シンガー側は声明で報道を全面否定しているが、アカデミー賞レースに影響を及ぼす可能性もありそうだ。 

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  4. 4

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  5. 5

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  6. 6

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  7. 7

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  8. 8

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  9. 9

    「重症者数少ない」の落とし穴 4月緊急事態宣言前より深刻

  10. 10

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

もっと見る