レバノン映画「判決、ふたつの希望」に監督が込めた思い

公開日: 更新日:

 日本ではなかなか見られない中東の映画「判決、ふたつの希望」が来週31日、公開となる。第90回アカデミー賞でレバノン映画としては初めて外国語映画賞にノミネートされた作品だ。脚本と監督を務めたのは、仏在住のレバノン人、ジアド・ドゥエイリ氏(54)。レバノン内戦の暗い歴史に切り込む本作は、祖国を離れたから描けたのだという。

 物語は、不法建築の補修工事を請け負っていたパレスチナ難民(イスラム教徒)である現場監督と、その建物の住人でキリスト教徒のレバノン人の間に起きた口論から始まる。単なる近所の揉め事が、ある侮辱的なひと言がきっかけで裁判沙汰となり、国家を揺るがす一大騒乱にまで発展していく。監督の実体験を着想とした法廷ドラマだ。

「僕の両親は左翼系の活動家だったから、自分の息子が熱狂的な右翼のキリスト教徒の視点から物語を描くことに抵抗し嫌がったんだ。『そんな映画を作ったら自分たちも周囲から白い目で見られかねない』ってね。たしかに自身の政治的思想や主義主張を変えるのは並大抵のことではない。僕自身、両親の影響で幼少期は左翼だったしね。でも、変わったんです。高校を卒業して19歳で渡米したことで、レバノンの社会を俯瞰して見られるようになった。ずっとレバノンにいた両親には難しかったとは思う。でも、最終的には寄り添ってくれた。数限りない僕とのディベート(議論)を通じて、人種、宗教、社会階層の相違があろうとも、皆、同じように祖国を愛しているんだと納得してくれたんだ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻“選挙買収”捜査本腰へ急展開 落選議員が検察援護

  2. 2

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  3. 3

    松方弘樹は釣りと並んで女にも入れあげて力いっぱい生きた

  4. 4

    不倫報道のJr.を“一罰百戒” 滝沢秀明副社長いきなり正念場

  5. 5

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  6. 6

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  7. 7

    落合は「絶対に当てないから大丈夫」と涼しい顔で言った

  8. 8

    元SMAPで独り勝ち キムタクが歩むジャニーズ大幹部への道

  9. 9

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  10. 10

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る