第91回アカデミー賞下馬評 “本命”にセクハラ発覚で大混戦

公開日: 更新日:

 映画界最大の祭典、第91回米アカデミー賞の授賞式が日本時間の2月25日(月)と迫ってきたが、今年は例年になく大混戦になっているという。

 とくに最優秀作品賞は、賞レースの前哨戦としてアカデミー賞と重複することが多いトロント国際映画祭の最高賞(観客賞)を獲得した「グリーンブック」が本命とみられてきたが、ピーター・ファレリー監督の20年前のセクハラ行為が報道され失速。

 これは監督が「メリーに首ったけ」(98年)のオーディション時に、当時まだ売り出し中だった女優キャメロン・ディアスに丸出しの下半身を見せつけた事件のこと。受賞作品は映画芸術科学アカデミー会員の投票で決まるため、こうした醜聞の影響は無視できない。混迷を極めるオスカー争いについて、映画批評家の前田有一氏はこう語る。

「スキャンダルといえば、同じ作品賞候補の『ボヘミアン・ラプソディ』を完成直前で降板させられたブライアン・シンガー監督も、17歳少年に性的暴行した疑惑が同時期に報じられました。同性愛を公言しているシンガー監督を絶賛していたLGBT団体もこれには大激怒。同団体が主催する映画賞の候補から外しています。そもそも、セクハラ撲滅のMeToo運動がここまで盛んになったのは、オスカー常連の大物プロデューサー、ハーベイ・ワインスタインを有名女優たちが告発したのがきっかけです。以来、1年以上経っても次から次へと出てくるゴシップには、アカデミー会員たちもうんざりでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  2. 2

    磯野貴理子は女神か都合のいい女か…男女問題研究家の見解

  3. 3

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    沢尻エリカ復調の兆し 再結成「沢尻会」の意外な顔ぶれ

  6. 6

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  7. 7

    国会議員らの毛髪検査で…発がん性「農薬」検出7割の驚愕

  8. 8

    芸能界ファミリー新派閥「瑛太会」を悩ます“ボス”の酒癖

  9. 9

    米中貿易戦争の加熱で古紙不足 石油危機パニックの再来か

  10. 10

    “バルサ化”神戸の大低迷 元凶は「やはり三木谷会長」の声

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る