日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

まだある危機的火山 阿蘇・霧島・雲仙は要警戒と専門家

 政府は29日、活動火山対策特別措置法の改正案を閣議決定した。気象庁が常時観測する火山の対象を47から50に広げ、周辺自治体などに避難計画策定を義務付ける方針だ。くしくも、この日は鹿児島・口永良部島が爆発的噴火。火山活動への警戒感は高まっている。

 戦後最悪の57人の死者を出した御嶽山が噴火したのは昨年9月のこと。西之島は今なお噴火活動が続き、今年に入ってからも箱根山や蔵王山の噴火警戒レベルは上がったままだ。一体、“火山列島”に何が起こっているのか。

「3・11以降、列島の太平洋側に位置する『フィリピン海プレート』にストレスがかかり、御嶽山の噴火や箱根山の活動を誘発しました。プレートにかかるストレスが、マグマだまりに刺激を与えることで噴火は起こります。御嶽山や箱根山は、すでにある程度ストレスが解消されていますが、今はそれが徐々に南下している。今回の口永良部島の噴火は、九州南部にストレスが到達したのが原因とみられます」(琉球大名誉教授・木村政昭氏=地震学)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事