震災から4年…「東日本」の火山で“大噴火”迫ると専門家警告

公開日:  更新日:

 鹿児島地方気象台が、桜島でマグマの上昇による山体膨張が起きていると発表した。気象台は「噴石や火砕流に注意が必要」と警告しているが、本当に心配なのは東日本の火山だという。

「火山性地震が増加している蔵王を筆頭に、十和田湖、十勝岳、鳥海山、吾妻山、白山、草津白根山はいつ起きてもおかしくない」と警告するのは、立命館大環太平洋文明研究センター・歴史都市防災研究所の高橋学教授だ。

「西日本の火山活動は、巨大噴火につながらないとみています。プレートに圧縮されて、現在マグマだまりにあるマグマが出てしまえば終息する。東日本の場合、東日本大震災後、直下の太平洋プレートが震災前の3、4倍で沈み込んで今日までマグマをつくり続けている状態です。世界で20世紀に起きたM8.5以上の地震は21回。すべて4年以内に大噴火している。現時点で、例外は日本だけなので気がかりです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  4. 4

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る