マッキー牧元氏が案内人 2018年に行くべき“注目の店”紹介

公開日:

ミニマムサイズのビストロは居心地いい

 サラリーマンにとっては景気が良くなった実感はまるでないが、とにかく元気なのが飲食店だ。どんどん新しい店がオープンしては話題になるし、その背景にはSNSの普及がある。評判の店はインスタやフェイスブックでどんどん広がり、あっという間に有名店になっていく。そんな中で、「2018年、これは食いたいっ!」店を今もっとも脂が乗っている「食の達人」ことマッキー牧元氏に聞いてみた。

  ――2017年はいろいろな店がオープンしましたね。その中で、もっとも注目すべき店はどこでしたか?

 たくさんありますけど、まずは浅草のペタンク(台東区浅草3―23―3 上野ビル ℡03・6886・9488)と牛込神楽坂のボルト(新宿区箪笥町27 神楽坂佐藤ビル ℡03・5579・8740)から始めましょうか? 両店ともフランス料理の有名店でやってきたシェフが洋風居酒屋のようなものを目指してつくった。カウンターだけのとてもこぢんまりとした店です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

もっと見る