マッキー牧元氏が案内人 2018年に行くべき“注目の店”紹介

公開日:

ミニマムサイズのビストロは居心地いい

 サラリーマンにとっては景気が良くなった実感はまるでないが、とにかく元気なのが飲食店だ。どんどん新しい店がオープンしては話題になるし、その背景にはSNSの普及がある。評判の店はインスタやフェイスブックでどんどん広がり、あっという間に有名店になっていく。そんな中で、「2018年、これは食いたいっ!」店を今もっとも脂が乗っている「食の達人」ことマッキー牧元氏に聞いてみた。

  ――2017年はいろいろな店がオープンしましたね。その中で、もっとも注目すべき店はどこでしたか?

 たくさんありますけど、まずは浅草のペタンク(台東区浅草3―23―3 上野ビル ℡03・6886・9488)と牛込神楽坂のボルト(新宿区箪笥町27 神楽坂佐藤ビル ℡03・5579・8740)から始めましょうか? 両店ともフランス料理の有名店でやってきたシェフが洋風居酒屋のようなものを目指してつくった。カウンターだけのとてもこぢんまりとした店です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る