西潟正人
著者のコラム一覧
西潟正人

魚の伝道師。東京海洋大海洋生命科学部非常勤講師(魚食文化論)。

「イシガキダイ」は刺し身とカマが定番 皮は湯引きでヌタ

公開日:

 2種いるイシダイ科の1つに、イシガキダイがいる(編集部注・イシガキイシダイはイシダイ科に含めない)。イシダイとともに80センチになる大魚は、釣り人にとって憧れの的、夢の魚だ。

 イシダイの若魚は7本の横帯が目立ち、成長するほど口周りが黒くなってクチグロ。イシガキダイは細かい石垣模様で、口周りが白くなることからクチジロとも呼ばれている。

 関東ではイシダイが多く、イシガキダイはより南方を好む。両者は自然交雑するほどで、体形だけでなく、身質や味もよく似ている。料理法も同じなので、参考にしてほしい。

 イシダイの10センチ未満は、港の岸壁近くにも群れる。好奇心が強いのだろう、海水浴中に体をつつかれたりする。15センチならば塩焼きサイズ、25センチを超えたら刺し身だ。

 イシダイは姿のまま、魚屋に並ぶことが多い。30センチ未満だと、黒い横帯が得意げに見える。氷の上でヌラリとすると、いかにもウマそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る