1教員が同時に5コマ担当 青学大の新設学部がデタラメ講義

公開日: 更新日:

 青山学院大が昨年4月に新設した「地球社会共生学部」(GSC)でまた騒ぎが起きている。1年次の選択科目「アカデミックイングリッシュ」の昨年度分の講義をたった1人の教員が担当していたというのだ。同曜日・同時限に5コマ、しかも通年である。1人で5つの教室を行き来するのか。くまモンとかふなっしーじゃあるまいし、あり得ない話である。

「今年1月、阿部知子衆院議員(現民進党)が英語授業の外部化について政府に質問主意書を提出した際、大学名を伏せて問題事例として取り上げたのがきっかけです。文科省に新学部設置を申請した際の計画と実態が異なると指摘されたのです」(永田町関係者)

 青山学院は「事実ではありません」(広報部)と回答したが、講義内容検索を試しても教員の名前は1人しかヒットしない。「実際の授業は英会話学校の講師に任せている」(教育関係者)ということらしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  3. 3

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  4. 4

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  5. 5

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  6. 6

    菅家は恵まれた家 姉2人は国立大に、弟は慶大に進んだ

  7. 7

    アベノマスクやはり“バカ高”だった…黒塗り忘れで単価バレ

  8. 8

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    正代初Vも「番付不在」と評論家苦言…白鵬は延命で高笑い

もっと見る