ついに訴訟沙汰…青山学院大「新学部」入学した190人の行く末

公開日: 更新日:

 青山学院大学の「相模原キャンパス」に4月から新設された「地球社会共生学部」を巡る問題が紛糾している。新学部創設に反対していた小島敏郎教授(国際政治経済学部)が8日、大学と仙波憲一学長を相手取り「新学部設置の無効」を求める訴訟に踏み切ったのだ。

 小島教授によると、青学大では新学部創設には学則改正が必要で、教授会の全会一致が求められるが、大学は教授会に諮らずに学生を募集、入試に踏み切ったという。

 小島教授はこの日、都内で会見を開き、改めて大学側に批判的な姿勢を示した。

「東京の『青山キャンパス』に文系学部を集中させたため、相模原に空きができた。新学部は、その埋め合わせのための急造ではないか。また、新学部に採用された教授らが全員、学長に近い人物であることも不可解だ」

 青学大は、学則改正には「規定上、教授会の全会一致は不要と考えている」と日刊ゲンダイ本紙の問いに答えた。

 可哀想なのは、この春、「地球社会共生学部」に入学した190人の新入生。新年度早々、裁判の結果を気にしなければならない。小島教授が勝訴すれば、今度は青学VS新入生の集団訴訟に発展する可能性もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  2. 2

    実は計算づくだった? 石橋貴明と鈴木保奈美の「離婚発表」が7月になったワケ

  3. 3

    菅首相の五輪強行がトドメか?衆院選まさかの「自公過半数割れ」に現実味

  4. 4

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  5. 5

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  6. 6

    中居正広が「酒浸り」告白 五輪キャスター“再選出”も声かからず意気消沈の日々

  7. 7

    小林賢太郎氏は開会式演出をクビに…“もうひとりの太郎”麻生財務大臣「ナチス肯定発言」の責任は?

  8. 8

    鈴木保奈美&石橋貴明が離婚 「ユーチューブで発表」は夫への“餞別”代わりか

  9. 9

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  10. 10

    東京五輪にスポンサーから続々NO! TV観戦増でCM効果上昇のはずが放映中止ドミノの可能性

もっと見る