ついに訴訟沙汰…青山学院大「新学部」入学した190人の行く末

公開日: 更新日:

 青山学院大学の「相模原キャンパス」に4月から新設された「地球社会共生学部」を巡る問題が紛糾している。新学部創設に反対していた小島敏郎教授(国際政治経済学部)が8日、大学と仙波憲一学長を相手取り「新学部設置の無効」を求める訴訟に踏み切ったのだ。

 小島教授によると、青学大では新学部創設には学則改正が必要で、教授会の全会一致が求められるが、大学は教授会に諮らずに学生を募集、入試に踏み切ったという。

 小島教授はこの日、都内で会見を開き、改めて大学側に批判的な姿勢を示した。

「東京の『青山キャンパス』に文系学部を集中させたため、相模原に空きができた。新学部は、その埋め合わせのための急造ではないか。また、新学部に採用された教授らが全員、学長に近い人物であることも不可解だ」

 青学大は、学則改正には「規定上、教授会の全会一致は不要と考えている」と日刊ゲンダイ本紙の問いに答えた。

 可哀想なのは、この春、「地球社会共生学部」に入学した190人の新入生。新年度早々、裁判の結果を気にしなければならない。小島教授が勝訴すれば、今度は青学VS新入生の集団訴訟に発展する可能性もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  6. 6

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  7. 7

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  8. 8

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  9. 9

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  10. 10

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る