• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「箱根駅伝」連覇かかる青山大院大の“内なる敵”

 敵はライバル校ではない。

 来年1月2、3日に開催される箱根駅伝に出場する21チームのエントリー選手(各校16人、上武大は14人)が10日、発表された。

 今年の大会で、10時間49分27秒の大会記録で圧勝した青学大は、3代目「山の神」こと神野大地(4年)もエントリーされた。初優勝に貢献した主将の神野は箱根以後、左すね炎症や左太もも、右すねを疲労骨折し十分な練習ができなかった。箱根に間に合うかギリギリの状態といわれていたが、エントリーしたからには山越えの5区を走るに違いない。

 神野は今年、柏原竜二(東洋大、現・富士通)が12年に出した1時間16分39秒を上回る1時間16分15秒をマーク。今年の状態では同等の走りはまず無理だ。11月の全日本大学駅伝を初制覇した東洋大(2位青学大)が自信をつけており、「青学の連覇は厳しい」との声が多い。「それでなくても、初優勝した学校の連覇は難しい」というのは、優勝経験のある大学の関係者だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  4. 4

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  5. 5

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  6. 6

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  7. 7

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  10. 10

    6年ぶりV逃した有村智恵の衰え…再三のチャンス決められず

もっと見る