• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「箱根駅伝」連覇かかる青山大院大の“内なる敵”

 敵はライバル校ではない。

 来年1月2、3日に開催される箱根駅伝に出場する21チームのエントリー選手(各校16人、上武大は14人)が10日、発表された。

 今年の大会で、10時間49分27秒の大会記録で圧勝した青学大は、3代目「山の神」こと神野大地(4年)もエントリーされた。初優勝に貢献した主将の神野は箱根以後、左すね炎症や左太もも、右すねを疲労骨折し十分な練習ができなかった。箱根に間に合うかギリギリの状態といわれていたが、エントリーしたからには山越えの5区を走るに違いない。

 神野は今年、柏原竜二(東洋大、現・富士通)が12年に出した1時間16分39秒を上回る1時間16分15秒をマーク。今年の状態では同等の走りはまず無理だ。11月の全日本大学駅伝を初制覇した東洋大(2位青学大)が自信をつけており、「青学の連覇は厳しい」との声が多い。「それでなくても、初優勝した学校の連覇は難しい」というのは、優勝経験のある大学の関係者だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  6. 6

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  7. 7

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  8. 8

    フィギュアスケート日野龍樹さんの好物は目玉焼きのせご飯

  9. 9

    森友裁判で新展開 近畿財務局の前総務部長が法廷で証言へ

  10. 10

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

もっと見る