日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

壁めぐりサヤあて メキシコ大統領がトランプとの会談拒否

 米ワシントンで31日に予定されていたトランプ大統領とメキシコのペニャニエト大統領の首脳会談が中止されることが決まった。ペニャニエト氏が26日、ホワイトハウスに正式通知し、メキシコ大統領府が発表した。

 事の発端は25日、トランプがメキシコ国境に壁を建設する大統領令に署名したこと。ペニャニエト氏が反発し「壁の建設費用は一切払わない」の声明を発表。トランプは26日に「建設費用を払いたくないなら、首脳会談は中止した方がよい」とツイートした。これにペニャニエト氏がキレたわけだ。

 米ペンシルベニア州で演説したトランプは「メキシコが敬意を払って私たちに対応しないなら、首脳会談は無益なものになる。別の道を模索したい」と主張した。

 売り言葉に買い言葉で国同士の首脳会談が中止されるとは、まるで子供のケンカだが、2月10日で調整が進む日米首脳会談だってどうなるか分からない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事