トランプ“日本車攻撃” トヨタ追加投資も焼け石に水の恐れ

公開日:  更新日:

「日本の自動車市場は不公平だ」というトランプ大統領の批判に呼応するかのように、トヨタ自動車は24日、米インディアナ州にある工場に6億ドル(約680億円)を追加投資し生産を増強。それによって約400人の雇用を創出すると発表した。

 トランプ政権のペンス副大統領は同州知事を務めた経歴の持ち主。今月10日に米国でペンスと会談したトヨタの豊田章男社長は「インディアナの地でトヨタを応援していただいた方」と持ち上げ、「そんな副大統領がいることは大変ありがたい」と語っていた。

 だが、旧知の副大統領を頼っても旗色はよくならない。トランプは楽観論を吹き飛ばす発言を連発している。

 トランプは24日朝、ゼネラル・モーターズ、フォード、クライスラーの米自動車大手3社(ビッグ3)のトップと会談。“身内”に対しても、メキシコでの新工場建設をやめるだけでなく、米国内での新工場の建設を厳しく要求したのだ。

 新工場建設となれば数万人単位での雇用が創出される。トヨタが「工場増強で400人の雇用を創出」と胸を張っても、焼け石に水。さっそく「日本のメーカーも新工場を国内に建設してほしい」と圧力をかけてくるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る