ソフトバンクが「記録的自滅」で自力優勝消滅 オリにM7点灯

公開日: 更新日:

「目もあてられない」とはこのことだろう。ソフトバンクが咋25日の楽天戦で「記録的自滅」による逆転負けを喫した。2点リードで迎えた七回1死一、二塁。森に代わって五十嵐がマウンドに上がったが、これが大誤算の始まりだった。

 ジョーンズを5球で歩かせ満塁にすると、嶋へのストレートの四球を含めた2連続押し出し。その後、2死にこぎつけたものの、再び岩崎、西田に連続押し出し。五十嵐は41球中半分以上の23球がボール球で、4押し出しを含む5四球の大乱調。この「独り相撲」にヤフオクドームに集まった3万3217人のファンは両手を合わせ祈るばかりだった。守るナインも開いた口がふさがらないのか、ほとんど声をかけることもなく、呆然と見守るしかなかった。

 この敗戦で2位オリックスとのゲーム差は0・5に。自力優勝の可能性が消滅し、逆に8試合を残すオリックスにマジック「7」が点灯した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  2. 2

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  3. 3

    コロナ“現地対策本部長”橋本議員 写真削除で露呈した無能

  4. 4

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  7. 7

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  8. 8

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  9. 9

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る