パの優勝争い ソフトBの敵はオリより楽天・三木谷オーナー

公開日: 更新日:

 シーズンが佳境を迎える中、首位ソフトバンクと2位オリックスが熾烈な優勝争いを繰り広げている。

 21日は両軍ともに快勝し、その差は2.5ゲームのまま。それでも、一部球界関係者の間では、「残り試合数と相手を考えれば、ソフトバンクの方が不利かもしれない」と言ってこう続ける。

「ソフトバンクは残り6試合のうち楽天と4試合ある。ソフトバンクと楽天は親会社もIT企業でライバル同士。楽天の本音はソフトバンクに優勝されたら面白くない。さらに、ソフトバンクがリーグ優勝すれば、その直後から、昨年楽天が1日200億円以上を売り上げたといわれる『優勝セール』の数倍規模のセールをグループ会社のサイトなどを使って大々的に行う予定らしい。そうなれば、楽天は本社の営業利益にも影響を及ぼしかねない。昨年の日本一からBクラス落ちして心中穏やかではない三木谷オーナーが、ソフトバンクの優勝を阻止するため現場介入してくる可能性もある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  5. 5

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  6. 6

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  7. 7

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  8. 8

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  9. 9

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  10. 10

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る