パの優勝争い ソフトBの敵はオリより楽天・三木谷オーナー

公開日: 更新日:

 シーズンが佳境を迎える中、首位ソフトバンクと2位オリックスが熾烈な優勝争いを繰り広げている。

 21日は両軍ともに快勝し、その差は2.5ゲームのまま。それでも、一部球界関係者の間では、「残り試合数と相手を考えれば、ソフトバンクの方が不利かもしれない」と言ってこう続ける。

「ソフトバンクは残り6試合のうち楽天と4試合ある。ソフトバンクと楽天は親会社もIT企業でライバル同士。楽天の本音はソフトバンクに優勝されたら面白くない。さらに、ソフトバンクがリーグ優勝すれば、その直後から、昨年楽天が1日200億円以上を売り上げたといわれる『優勝セール』の数倍規模のセールをグループ会社のサイトなどを使って大々的に行う予定らしい。そうなれば、楽天は本社の営業利益にも影響を及ぼしかねない。昨年の日本一からBクラス落ちして心中穏やかではない三木谷オーナーが、ソフトバンクの優勝を阻止するため現場介入してくる可能性もある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  6. 6

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  7. 7

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  10. 10

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

もっと見る