オリックス金子獲り狙う ソフトバンクが準備する巨額契約金

公開日: 更新日:

「ウチくらい、金子が欲しい球団はないだろう」

 ソフトバンクの球団関係者がこう苦笑いする。田中(現ヤンキース)が海を渡った今、「日本のエース」と呼ばれているのがオリックス金子千尋(30)だ。10勝4敗で12球団唯一の1点台となる防御率1・74。順調なら今季中に国内FAを取得。オフの争奪戦は避けられそうもない。

 今季の年俸は2億円。FA宣言すれば複数年の大型契約は確実とあり、獲得可能な球団は巨人阪神、ソフトバンクくらいのもの。球界では「相思相愛の巨人で決まり」なんて声もあるが、それを札束で覆そうとしているのがソフトバンクだ。

 オフには中日の中田、オリックスの李大浩ら、30億円をかけて大補強を敢行。もっか2位オリックスに3ゲーム差をつけて首位を走っているものの、決して安泰というわけではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  6. 6

    手越祐也“辞めジャニ”に成功者なれる?赤西仁は10年の時間

  7. 7

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  8. 8

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  9. 9

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  10. 10

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

もっと見る