ソフトバンク東浜を復活させた「二軍でも完投主義」

公開日: 更新日:

「少し球数を投げて6回しか投げられなかったけど、次は7回、8回と投げていきたいです」

 ソフトバンク東浜巨(24)がお立ち台で笑顔を見せた。6日の楽天戦に先発し、115球を投げて6回1失点の粘投。今季2勝目(0敗)を手にし、チームも首位に浮上した。

 2年目の今季は開幕ローテ入りするも、初戦となった4月3日の西武戦で5回4失点の炎上。二軍落ちを命じられ、6月29日に一軍復帰。それから2連勝だ。

 この東浜は登録抹消中、二軍で3完投もしている。育成の場である二軍では通常、1試合で複数の投手にチャンスを与えて鍛えるもの。にもかかわらず、ソフトバンクの二軍投手陣は東浜を含めて計6完投。当然、12球団一だ。これは今季から就任したホークスOBの山内孝徳二軍投手コーチの方針。ある球団関係者が言う。

「一軍の先発で使う投手は、長いイニングを投げる必要がある。これまでのような鍛え方では、試合中の修正や苦しい時に投げる経験が身に付きにくい。二軍投手は『山内さんも古いタイプのコーチなのか。ぶっ壊される』と戦々恐々でしたが、そのあたりを承知している山内コーチは無理強いはしない。結果も出ているから、納得するしかありません」

 東浜の好調が続けば、ソフトバンク二軍の完投数は増えそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    チャリティーゴルフで社会貢献 人気絶頂女子プロの“本音”

もっと見る