ソフトバンク東浜を復活させた「二軍でも完投主義」

公開日:  更新日:

「少し球数を投げて6回しか投げられなかったけど、次は7回、8回と投げていきたいです」

 ソフトバンクの東浜巨(24)がお立ち台で笑顔を見せた。6日の楽天戦に先発し、115球を投げて6回1失点の粘投。今季2勝目(0敗)を手にし、チームも首位に浮上した。

 2年目の今季は開幕ローテ入りするも、初戦となった4月3日の西武戦で5回4失点の炎上。二軍落ちを命じられ、6月29日に一軍復帰。それから2連勝だ。

 この東浜は登録抹消中、二軍で3完投もしている。育成の場である二軍では通常、1試合で複数の投手にチャンスを与えて鍛えるもの。にもかかわらず、ソフトバンクの二軍投手陣は東浜を含めて計6完投。当然、12球団一だ。これは今季から就任したホークスOBの山内孝徳二軍投手コーチの方針。ある球団関係者が言う。

「一軍の先発で使う投手は、長いイニングを投げる必要がある。これまでのような鍛え方では、試合中の修正や苦しい時に投げる経験が身に付きにくい。二軍投手は『山内さんも古いタイプのコーチなのか。ぶっ壊される』と戦々恐々でしたが、そのあたりを承知している山内コーチは無理強いはしない。結果も出ているから、納得するしかありません」

 東浜の好調が続けば、ソフトバンク二軍の完投数は増えそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る