ソフトバンク東浜を復活させた「二軍でも完投主義」

公開日: 更新日:

「少し球数を投げて6回しか投げられなかったけど、次は7回、8回と投げていきたいです」

 ソフトバンクの東浜巨(24)がお立ち台で笑顔を見せた。6日の楽天戦に先発し、115球を投げて6回1失点の粘投。今季2勝目(0敗)を手にし、チームも首位に浮上した。

 2年目の今季は開幕ローテ入りするも、初戦となった4月3日の西武戦で5回4失点の炎上。二軍落ちを命じられ、6月29日に一軍復帰。それから2連勝だ。

 この東浜は登録抹消中、二軍で3完投もしている。育成の場である二軍では通常、1試合で複数の投手にチャンスを与えて鍛えるもの。にもかかわらず、ソフトバンクの二軍投手陣は東浜を含めて計6完投。当然、12球団一だ。これは今季から就任したホークスOBの山内孝徳二軍投手コーチの方針。ある球団関係者が言う。

「一軍の先発で使う投手は、長いイニングを投げる必要がある。これまでのような鍛え方では、試合中の修正や苦しい時に投げる経験が身に付きにくい。二軍投手は『山内さんも古いタイプのコーチなのか。ぶっ壊される』と戦々恐々でしたが、そのあたりを承知している山内コーチは無理強いはしない。結果も出ているから、納得するしかありません」

 東浜の好調が続けば、ソフトバンク二軍の完投数は増えそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  7. 7

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  8. 8

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  9. 9

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  10. 10

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

もっと見る