日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“天敵”オリックス森脇監督の契約延長にソフトBが戦々恐々

 ソフトバンクは今後2年間、「天敵」と付き合わなければならないようだ。

 23日に来季以降の続投が決まった、オリックスの森脇浩司監督(54)。今季が契約最終年だが、新たに2年延長となった。「チームが首位争いをして結果を出している。今後も優勝を狙えるチームづくりを行ってほしい」とは瀬戸山球団本部長。昨季まで5年連続Bクラスだったオリックスも、現在は首位と3.5ゲーム差の2位だ。

 この知らせに複雑なのが、首位ソフトバンクの面々。オリックスには10年から3年連続勝ち越しと優位に立っていたはずが、森脇監督が就任した昨季は10勝14敗と負け越し。今季も8勝9敗と苦手にしているからだ。

■09年のクビ事件に同情するSBナインも

 森脇監督は09年までソフトバンクのヘッドコーチを務め、06年には胃がんで入院していた王監督の代行を務めたこともある。松田や本多といった主力選手の中には、手の内を知られている者も少なくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事