日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

次期監督候補に古田敦也氏 ソフトBとDeNAで“争奪戦”

「監督としての現場復帰を熱望していて、水面下で動いているみたい。秋山監督は3年契約の最終年。孫正義オーナーとも時々、会食しているようですからね」

 ソフトバンクのOBがこう言った。元ヤクルト選手兼任監督の古田敦也氏(49)のことだ。

「古田は孫オーナーが04年にホークスを買収し、新規参入した際の選手会長だったことがきっかけで交友が始まった。古田が選手だった05年には、チームの正捕手だった城島健司(引退)のメジャー挑戦に絡んで移籍説が浮上。08年に王監督(現球団会長)が勇退した際にも、次期監督候補として名前が挙がった。ヤクルトの兼任監督としては補強をめぐるフロントとの対立などもあって成功しなかったが、『ID野球の申し子』といわれた野球頭脳に加え、球界再編時は『戦う選手会長』として涙ながらに球団縮小の波に立ち向かって12球団維持を勝ち取り、野球ファンに存在感をアピールした。全国的な知名度を孫オーナーは今も評価しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事