11試合23点の“極貧打” 石川&梶谷不在ベイに勝ち目なし

公開日: 更新日:

 それにしても、打てない。

 DeNAは6日の中日戦、ローテの谷間で先発した伏兵の小熊にわずか1安打。プロ初完封を献上した。11試合を消化して23得点は12球団ワーストの極貧打線。ラミレス監督も「選手もコーチもベストを尽くした中でよい投球をされた」と、渋い表情だった。

 仕方ない部分もある。何しろ、ラミレス監督が掲げた『1番石川、2番梶谷』の攻撃的野球の両輪が揃って故障で二軍調整中。でも裏を返せば、DeNAにこの2人がいなければ、上位争いなどどだい不可能ということだろう。

 キャンプ中に左脇腹を痛めた梶谷はいまだ試合出場のメドが立っていない。ただ、昨年11月に右肘のクリーニング手術を受けた石川のほうは、少しずつエンジンがかかってきたようだ。

 この日、ヤクルトとの二軍戦(戸田)に1番・二塁でスタメン出場。試合前、二宮二軍監督が「体は動けているし、故障の影響はないと思う。あとは実戦感覚」と話していたように、安打を放ち、三盗を決めるなど、前日の試合で右足に死球を受けた影響も感じさせなかった。二宮監督は「順調にいけば、10日間ほどで一軍に上がるかもしれない」と話しており、4月半ばにも一軍に昇格する可能性もある。

 貧打に泣くDeNAにとっては朗報といえるが、チームは4カード連続負け越しが決定。石川が帰ってくるまで踏ん張らないことには……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    日ハムは斎藤佑に11年間で4億円“投資” ハンカチ王子の心を折った2012年栗山監督の非情

    日ハムは斎藤佑に11年間で4億円“投資” ハンカチ王子の心を折った2012年栗山監督の非情

  2. 2
    <72>野崎幸助さんは午後6時半には死んでいた? 早貴被告は遺体に一度も触れず

    <72>野崎幸助さんは午後6時半には死んでいた? 早貴被告は遺体に一度も触れず

  3. 3
    巨人「原監督続投」を吹き飛ばす“チーム空中分解”の内部情報 「全権のひずみ」とOBも警鐘

    巨人「原監督続投」を吹き飛ばす“チーム空中分解”の内部情報 「全権のひずみ」とOBも警鐘

  4. 4
    小室圭さん「秋篠宮家へ挨拶」でお土産、髪型、服装チェック…「ゴゴスマ」にうんざり

    小室圭さん「秋篠宮家へ挨拶」でお土産、髪型、服装チェック…「ゴゴスマ」にうんざり

  5. 5
    甘利幹事長がNHK「日曜討論」で上から目線&根拠不明発言連発! 自民議員は「票が減る!」と悲鳴

    甘利幹事長がNHK「日曜討論」で上から目線&根拠不明発言連発! 自民議員は「票が減る!」と悲鳴

もっと見る

  1. 6
    巨人非情の「主力大減俸リスト」 V逸&泥沼10連敗で億万長者選手に迫る“厳冬オフ”

    巨人非情の「主力大減俸リスト」 V逸&泥沼10連敗で億万長者選手に迫る“厳冬オフ”

  2. 7
    自民・甘利幹事長「政府の意思決定の中に共産党の意思が」執拗に野党共闘を“口撃”するワケ

    自民・甘利幹事長「政府の意思決定の中に共産党の意思が」執拗に野党共闘を“口撃”するワケ

  3. 8
    れいわ新選組 「野党共闘」重視した山本太郎代表の“大人の対応”が奏功…悲願達成には3議席獲得が絶対

    れいわ新選組 「野党共闘」重視した山本太郎代表の“大人の対応”が奏功…悲願達成には3議席獲得が絶対

  4. 9
    日本ハム“ポスト栗山”に浮上する「意外な3人」の名前 最有力候補の稲葉篤紀氏には障壁が

    日本ハム“ポスト栗山”に浮上する「意外な3人」の名前 最有力候補の稲葉篤紀氏には障壁が

  5. 10
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…