11試合23点の“極貧打” 石川&梶谷不在ベイに勝ち目なし

公開日: 更新日:

 それにしても、打てない。

 DeNAは6日の中日戦、ローテの谷間で先発した伏兵の小熊にわずか1安打。プロ初完封を献上した。11試合を消化して23得点は12球団ワーストの極貧打線。ラミレス監督も「選手もコーチもベストを尽くした中でよい投球をされた」と、渋い表情だった。

 仕方ない部分もある。何しろ、ラミレス監督が掲げた『1番石川、2番梶谷』の攻撃的野球の両輪が揃って故障で二軍調整中。でも裏を返せば、DeNAにこの2人がいなければ、上位争いなどどだい不可能ということだろう。

 キャンプ中に左脇腹を痛めた梶谷はいまだ試合出場のメドが立っていない。ただ、昨年11月に右肘のクリーニング手術を受けた石川のほうは、少しずつエンジンがかかってきたようだ。

 この日、ヤクルトとの二軍戦(戸田)に1番・二塁でスタメン出場。試合前、二宮二軍監督が「体は動けているし、故障の影響はないと思う。あとは実戦感覚」と話していたように、安打を放ち、三盗を決めるなど、前日の試合で右足に死球を受けた影響も感じさせなかった。二宮監督は「順調にいけば、10日間ほどで一軍に上がるかもしれない」と話しており、4月半ばにも一軍に昇格する可能性もある。

 貧打に泣くDeNAにとっては朗報といえるが、チームは4カード連続負け越しが決定。石川が帰ってくるまで踏ん張らないことには……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    「美味しんぼ」原作者が鼻血問題の騒動後をブログで告発

  10. 10

    女優と歌手で本格復帰も…柴咲コウを縛る“三足目のワラジ”

もっと見る