投手尊重でも勝てず…DeNAラミ監督“サイン出し”秒読み

公開日:  更新日:

 本拠地開幕戦を飾ることができなかった。

 DeNAは29日の巨人戦、ドラフト1位新人の今永(22=駒大)が先発。140キロ台後半のストレートを軸に内角中心で強気に攻めたが、クルーズ、ギャレット、立岡にそれぞれ甘く入った球を本塁打されるなど、7回4失点。期待に応えられなかった。

 今永は「真っ向勝負よりも、投球術で抑えないといけない」とガックリ。ラミレス監督も「パワーヒッターにストライクゾーンで勝負したのがミス」と、課題を挙げた。なかでも、ギャレットの本塁打については、「前の打席では外のスライダーを2球続けて空振り三振を取った。そのボールを続けるべきだった」と指摘。カウント0-1から内角高めのつり球を投げた直後、甘く入ったスライダーを痛打されたことを反省すべきとした。

 ラミレス監督はキャンプ中、ベンチから捕手へ配球のサインを出すと公言。だが、オープン戦途中からサイン出しをやめ、開幕してからも出していないという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る