投手尊重でも勝てず…DeNAラミ監督“サイン出し”秒読み

公開日: 更新日:

 本拠地開幕戦を飾ることができなかった。

 DeNAは29日の巨人戦、ドラフト1位新人の今永(22=駒大)が先発。140キロ台後半のストレートを軸に内角中心で強気に攻めたが、クルーズ、ギャレット、立岡にそれぞれ甘く入った球を本塁打されるなど、7回4失点。期待に応えられなかった。

 今永は「真っ向勝負よりも、投球術で抑えないといけない」とガックリ。ラミレス監督も「パワーヒッターにストライクゾーンで勝負したのがミス」と、課題を挙げた。なかでも、ギャレットの本塁打については、「前の打席では外のスライダーを2球続けて空振り三振を取った。そのボールを続けるべきだった」と指摘。カウント0-1から内角高めのつり球を投げた直後、甘く入ったスライダーを痛打されたことを反省すべきとした。

 ラミレス監督はキャンプ中、ベンチから捕手へ配球のサインを出すと公言。だが、オープン戦途中からサイン出しをやめ、開幕してからも出していないという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  2. 2

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  3. 3

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  4. 4

    竹内結子さんと芦名星さんを結ぶ点と線…連鎖はあるのか?

  5. 5

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  6. 6

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  7. 7

    菅家は恵まれた家 姉2人は国立大に、弟は慶大に進んだ

  8. 8

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  9. 9

    正代初Vも「番付不在」と評論家苦言…白鵬は延命で高笑い

  10. 10

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

もっと見る