DeNA戸柱「新人最速1号」は“配球操り人形”への不満が糧

公開日: 更新日:

「こんなに早い段階で出るとは……」

 DeNAのドラフト4位戸柱恭孝捕手(25=NTT西日本)が、12球団のルーキー最速1号を放った。

 開幕3試合でスタメンマスクをかぶった戸柱は、前日にプロ初安打をマーク。この日は七回にレフトへヒットも打った。

 今季のDeNAは守備の際、ピンチになるとラミレス監督がベンチから配球のサインを出す。キャンプ中に日刊ゲンダイ本紙がインタビューすると、「チームが10年連続でBクラスという事実がある中で、勝つためには何かを変えなければいけない。ベイスターズは若い選手が多く、また攻撃力に関しては十分にあると思っている。だから捕手の部分で勝ちたい。まずはしっかりボールを受けて、スローイングができれば、あとはこちらでコントロールができる」と語っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  7. 7

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

  10. 10

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

もっと見る