サヨナラ勝ちをお膳立て DeNA筒香が“値千金”連夜の同点弾

公開日: 更新日:

 プロ10年目にして初という、代打下園のサヨナラヒットは見事だったが、雨中で応援するファンを痺れさせたのはその直前、筒香が阪神能見から左中間席に放った同点の3号ソロ弾だろう。

「打った球はストレートです。井納さんが一生懸命投げている中で、絶対に打ちたいと思いました」というハマの4番は、前日の巨人戦でも、七回に値千金の同点3ランで延長に持ち込んだ。

 昨オフはドミニカ共和国のウインターリーグに参加。現地では気持ちの切り替えやマイナス思考とは無縁の明るい野球を学んだという。

 ラテン系の選手は、全員がヒーローになることを意識してプレーしている。無表情で淡々と語る筒香のインタビューは面白みに欠けるが、ドミニカ留学の経験が生きているようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  2. 2

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  5. 5

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  6. 6

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  7. 7

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    高校を中退し石原裕次郎の内弟子になろうと成城の自宅へ

  10. 10

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

もっと見る