DeNAラミレス監督に聞いた 「捕手に配球サイン」の真意は

公開日: 更新日:

 10年連続Bクラス球団を託された史上最強助っ人監督が就任から、チーム改革を打ち出している。アレックス・ラミレス監督(41)自ら捕手へ配球のサインを出し、昨年は不調だった山口俊を開幕投手、選手会長に大抜擢した。その意図は何なのか。キャンプ地で話を聞いた。

  ◇  ◇  ◇

――現役時代からの夢だった日本プロ野球の監督に就任しました。

「本当に素晴らしい時間を過ごせている。こんなに早く監督になれるとは思わなかったけれど、これまで準備してきたつもり。監督として成功できると信じているよ」

「コーチは日本人で」

――コーチ人事については、全員が日本人コーチになりました。外国人コーチなど、呼びたいと思うコーチはいなかったのですか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  7. 7

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  8. 8

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  9. 9

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

  10. 10

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

もっと見る