アマに最適 ツアー初V時松“ベースボールグリップ”の利点

公開日: 更新日:

【ダンロップ・スリクソン福島オープン】

 首位発進の時松隆光(22)が逃げ切り、大会新記録の263ストローク(25アンダー)でツアー初優勝を果たした。

 テレビ解説の青木功が「プレッシャー感じさせないスイング」と褒めたが、プロには珍しいベースボールグリップだった。

 オーバーラッピングやインターロッキングという右手小指に力が入りづらいグリップが大半だが、「ボールが飛ばないと悩んでいるのならベースボールグリップがいい」と日刊ゲンダイの好評連載「スイング大革命」のゴルフドクター・松吉信氏がこうアドバイスする。

「75歳のシニアにベースボールグリップをすすめたところ、ドライバーが20ヤード以上も飛んで200ヤードを楽々と越えるようになりました。右手は指先でグリップする必要がなくバットを握るようにアバウトなのでリラックスして、手首も自然と使いやすくなる。右手は使っちゃいけないと習ったアマが大半ですが、ボールが飛ばない、スライスのミスばかりのアマはもっと右手を使ったほうがボールのつかまりもよくなる。ベースボールグリップはアマにも最適なのです」

 注意点は右手と左手を離さないこと。練習場で試してみる価値大ありだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  2. 2

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る