米では規制緩和のギャラリー写真撮影 日本ではなぜNG?

公開日: 更新日:

 米ツアーは今年3月から、ギャラリーの携帯電話での写真撮影ルールを大幅に緩和した。

 練習ラウンドやプロアマ戦など、本戦前は会場ですべて撮影が可能。本戦が始まってからはプレー中は禁止だが、サインをしている選手と一緒に撮影したり、コースをバックに写真を撮ることができるようになった。米国の携帯電話はシャッター音を消せるということも、ルール緩和の背景にあるようだ。

 だから、スマートフォンを見ながら選手のスコアをチェックしたり、お目当ての選手が何番ホールでプレーしているかが分かるようになった。スーパーショット映像を見たり、あるいは仲間と連絡を取り合ったりと、会場での観戦の楽しみが広がった。

 ただし、動画撮影や音声の録音は禁止されており、「お静かに」の札が上がっている時は、携帯電話に触れてはいけないルールだ。また、携帯電話そのものの持ち込みが禁止されているマスターズなど、4大メジャーに関してはPGAツアーの主催競技ではないため、別のルールとなる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  2. 2

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  3. 3

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  4. 4

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  7. 7

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  8. 8

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  9. 9

    志村けんさんの“サービス精神”女性に使った金額を尋ねたら

  10. 10

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

もっと見る