合宿で実戦練習ゼロ 侍Jは小久保監督をどう“操縦するべき

公開日: 更新日:

「少ない安打でどうやって点を取るか。首脳陣はそのための練習を徹底してやらせるべきです」と評論家の黒江透修氏がこう言った。

「例えば1死一、二塁などと状況を設定、実際に走者をつけた上でケース打撃をさせる。インコースの球でもおっつけて逆方向への進塁打を徹底させるとか、実戦に即した練習は必要ですよ。選ばれた選手ですから実力があるのは当然でも、いつもとは違うメンバーの中で、いつもとは違う役割を求められるケースもあるわけですから。首脳陣には他球団からの選手を預かっているという遠慮もあるのでしょうが、選手には短期決戦で勝つために確率の高い野球をやらせてしかるべきです。本番では対戦チームのエース格が、目の色を変えて投げてきます。必ずしも打って点が取れるわけではありません。選手任せにするのではなく、実戦形式の練習をさせて個々の状況判断を磨くべきだと思いますね」

 代表合宿は終了、本番まで残された実戦は4試合しかない。その中で日本代表ははたして、「勝つ確率の高い野球」を身に付けられるのかどうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    小倉優子「離婚危機」の行く末…夫反撃で世間の風向き一転

  4. 4

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  5. 5

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  6. 6

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  7. 7

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  10. 10

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

もっと見る