投打の不安を評論家指摘…侍Jは世界一を奪還できるのか

公開日: 更新日:

「いますぐ実戦に入れる体をしていた」

 23日に宮崎でスタートした侍ジャパンのWBC合宿。小久保監督は練習後、こう言って目を細めた。

 しかしその言葉とは裏腹に、練習自体はずいぶんおとなしいものだった。10時10分からアップを開始。野手は投内連係とシートノック、そして打撃練習で、13時15分には全体練習は終了。投手は25日のソフトバンクとの強化試合に先発する武田(ソフトバンク)らブルペン入りした6人も含め、投内連係後に室内練習場に移動。6人は投球練習、それ以外は投球練習を見学した後、軽いランニングなどで練習を終えた。

 侍メンバーは小久保監督の言うように、オフの早い時期から体づくりを始め、それぞれの所属球団で練習試合をこなすなど、すぐに実戦に入れる状態で合宿地に入った。捕手の嶋がキャンプ中にふくらはぎを痛めるなど調整不足の選手はいるものの、この日はなぜか軽い練習に終始。シート打撃といった実戦形式の練習は行われなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  4. 4

    「ドクターX」制作未定 “ポスト米倉”は内藤剛志&金田明夫

  5. 5

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  6. 6

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  7. 7

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  8. 8

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  9. 9

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

  10. 10

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

もっと見る