投打の不安を評論家指摘…侍Jは世界一を奪還できるのか

公開日:

「いますぐ実戦に入れる体をしていた」

 23日に宮崎でスタートした侍ジャパンのWBC合宿。小久保監督は練習後、こう言って目を細めた。

 しかしその言葉とは裏腹に、練習自体はずいぶんおとなしいものだった。10時10分からアップを開始。野手は投内連係とシートノック、そして打撃練習で、13時15分には全体練習は終了。投手は25日のソフトバンクとの強化試合に先発する武田(ソフトバンク)らブルペン入りした6人も含め、投内連係後に室内練習場に移動。6人は投球練習、それ以外は投球練習を見学した後、軽いランニングなどで練習を終えた。

 侍メンバーは小久保監督の言うように、オフの早い時期から体づくりを始め、それぞれの所属球団で練習試合をこなすなど、すぐに実戦に入れる状態で合宿地に入った。捕手の嶋がキャンプ中にふくらはぎを痛めるなど調整不足の選手はいるものの、この日はなぜか軽い練習に終始。シート打撃といった実戦形式の練習は行われなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る