アストロズ青木 頭部かすめる死球で侍J合流直前にヒヤリ

公開日: 更新日:

 日本人メジャーリーガーで唯一、WBCに出場するアストロズ・青木宣親(35)はブレーブス戦に「1番・中堅」で出場し、2打数1安打、2四死球。第1打席で相手先発でエース右腕のテヘランから中前打を放って好調をアピールしたが、第4打席では右肩とあごをかすめる死球。

 15年には頭部死球で脳振とうの後遺症に悩まされただけに影響が心配されたものの「最後の打席でまさか、あんなこと(死球)になるとは思わなかったけど、(頭は)大丈夫です」と話した。

 青木はきょうチームを離れ、日本時間3月2日にも日本代表に合流する予定。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  9. 9

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る