決定的野球観の違い 小久保監督と原氏「巨人時代の因縁」

公開日:

 巨人関係者によれば、「2人には因縁がある」と言う。WBCに出場する侍ジャパンの合宿を訪問した、09年日本代表監督の原辰徳(58)。小久保裕紀監督(45)は、第2回WBCを制した経験者のアドバイスに熱心に耳を傾けていたが、同じ釜の飯を食った巨人時代、2人の関係は必ずしも良好ではなかった。

「小久保がホークスから巨人に移籍して3年目、監督に原さんが戻ってきた。結果的にこの年は、借金14の4位に沈んで『こんな弱いチームで野球をやったことがない』と原さんが吐き捨てたシーズン。故障で離脱するなど主砲の小久保への風当たりも強かった。そういう状況の中、小久保がスタメンを外されたんです」(巨人関係者)

 小久保は03年オフに当時のホークス球団幹部との軋轢をきっかけに、前代未聞の無償トレードで巨人に移籍。堀内監督のもとで1年目から41本塁打、34本塁打と結果を出した。3年目に監督が堀内から原に代わったが、巨人関係者の誰もが「野球選手のかがみ」と評した小久保の野球に取り組む姿勢は変わらず、原監督と球団は外様選手初の主将に任命するほどだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る