合宿で実戦練習ゼロ 侍Jは小久保監督をどう“操縦するべき

公開日: 更新日:

 貧打線が日本代表の足かせになりそうな気配が漂っているが、小久保監督はあくまでも強気というか、選手任せとも受け止められかねない発言を繰り返している。

 前日の試合後には不振に悩む中田について「あと10日くらいで上げてくれるでしょ。彼が打たないと始まらない」と話せば、課題について尋ねられると「課題というより、個々の選手の状態を限られた時間の中で上げていくしかない」と言った。

■「点を取れない時の対処を」

 とはいえ、小久保監督が合宿で選手にやらせたことといえば、シートノック、投内連係、軽めのフリー打撃練習程度。この日、稲葉打撃コーチの発案で短距離ダッシュを取り入れたが、シート打撃や紅白戦などの実戦形式の練習はゼロだった。

 権藤投手コーチがブルペンの投球練習の途中で新球に交換したり、稲葉打撃コーチが特打の際にフリー打撃より2~3メートル打者寄りの位置から速い球を打たせたくらい。青木(アストロズ)のアドバイスで、速いモーションで動く速球を投げるメジャー投手に対応するための練習だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    小倉優子「離婚危機」の行く末…夫反撃で世間の風向き一転

  4. 4

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  5. 5

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  6. 6

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  7. 7

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  10. 10

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

もっと見る