錦織がストレート勝ちで初戦突破 「いいスタート切れた」

公開日:

 今季序盤は精彩を欠いたリオ五輪銅メダリストが快勝である。

 テニスのBNPパリバオープン(米インディアンウェルズ)は12日(日本時間13日)、男子シングルス2回戦が行われ、世界ランキング5位で第4シードの錦織圭(27)が同41位のダニエル・エバンズ(26=英国)と対戦。6-3、6-4のストレート勝ちで、4大大会に次ぐ格付けのマスターズ今季初戦で好スタートを切った。

 錦織は第1セットの第1ゲームで、いきなりブレークを許したが、続く第2ゲームでブレークバックに成功。正確なサーブを繰り出す相手に安定したリターンで対抗。第2セットは相手の裏をかく多彩なショットで翻弄し、わずか1時間24分で退けた。

 気温40度の猛暑の中、初戦を制した錦織は「サービスゲーム、リターンゲームとも満足。いいスタートが切れた」と自画自賛。ギレス・ミュラー(33=ルクセンブルク)との3回戦に向けては「次はコートやボールに慣れて、できるだけミスを減らしたい」と話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  10. 10

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

もっと見る