日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

錦織がストレート勝ちで初戦突破 「いいスタート切れた」

 今季序盤は精彩を欠いたリオ五輪銅メダリストが快勝である。

 テニスのBNPパリバオープン(米インディアンウェルズ)は12日(日本時間13日)、男子シングルス2回戦が行われ、世界ランキング5位で第4シードの錦織圭(27)が同41位のダニエル・エバンズ(26=英国)と対戦。6-3、6-4のストレート勝ちで、4大大会に次ぐ格付けのマスターズ今季初戦で好スタートを切った。

 錦織は第1セットの第1ゲームで、いきなりブレークを許したが、続く第2ゲームでブレークバックに成功。正確なサーブを繰り出す相手に安定したリターンで対抗。第2セットは相手の裏をかく多彩なショットで翻弄し、わずか1時間24分で退けた。

 気温40度の猛暑の中、初戦を制した錦織は「サービスゲーム、リターンゲームとも満足。いいスタートが切れた」と自画自賛。ギレス・ミュラー(33=ルクセンブルク)との3回戦に向けては「次はコートやボールに慣れて、できるだけミスを減らしたい」と話した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事