埋まらないサーブの差…錦織圭は「世界5位」止まりなのか

公開日:

 錦織圭(27=世界ランク5位)が、全豪オープンテニス男子シングルス4回戦でロジャー・フェデラー(35・スイス=世界ランク17位)にフルセットの末に敗戦。3年連続8強入りはならなかった。

 錦織は日の丸の重圧を背負うデ杯の欠場が決まって肩の荷が下りたばかりか、2、3回戦と調子は上向き。一方のフェデラーは元世界ランク1位とはいえ、左膝や背中の故障で今大会が約半年ぶりの実戦だ。体力勝負の接戦に持ち込めば勝機は錦織にあるはずなのに、先にダウンしたのは錦織の方だった。

 第4セット終了後に左腰を押さえてメディカルタイムアウトを取ると、第5セット3ゲーム後に2度目の治療を受けた。結局、センターコートを走り回らされた揚げ句、結果として元世界王者の引き立て役で終わった。

■サービスゲームでも主導権を握れない

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

もっと見る