埋まらないサーブの差…錦織圭は「世界5位」止まりなのか

公開日: 更新日:

 錦織圭(27=世界ランク5位)が、全豪オープンテニス男子シングルス4回戦でロジャー・フェデラー(35・スイス=世界ランク17位)にフルセットの末に敗戦。3年連続8強入りはならなかった。

 錦織は日の丸の重圧を背負うデ杯の欠場が決まって肩の荷が下りたばかりか、2、3回戦と調子は上向き。一方のフェデラーは元世界ランク1位とはいえ、左膝や背中の故障で今大会が約半年ぶりの実戦だ。体力勝負の接戦に持ち込めば勝機は錦織にあるはずなのに、先にダウンしたのは錦織の方だった。

 第4セット終了後に左腰を押さえてメディカルタイムアウトを取ると、第5セット3ゲーム後に2度目の治療を受けた。結局、センターコートを走り回らされた揚げ句、結果として元世界王者の引き立て役で終わった。

■サービスゲームでも主導権を握れない

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  3. 3

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  4. 4

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  5. 5

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  8. 7

    久米宏は日本のテレビやラジオにまだ必要だ

  9. 8

    西村コロナ担当相がイラつき激高 “逆ギレ会見”に批判殺到

  10. 9

    安倍首相「自画自賛ウソ会見」と何も突っ込まないお粗末記者

  11. 10

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

もっと見る