日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

急増するテニス海外留学希望 “錦織ルート”の是非は?

 本気で強くなりたいというなら、チャレンジするべきだ。

 男子テニスの楽天ジャパン・オープンが3日に開幕(東京・有明)。世界ランキング5位で第1シードの錦織圭(26)の初戦の相手が体調不良を訴え、ドナルド・ヤング(27=米国・同81位)に急きょ変更になった。

 ヤングは錦織と同じ89年生まれで、米国のIMGアカデミーでともに汗を流した仲。05年にジュニアの世界ランク1位となり、同年の全豪ジュニア、07年ウィンブルドン・ジュニアを制したサウスポーだ。試合は、2年ぶり3度目の優勝を狙う錦織が2-1で勝った。

 錦織の活躍で、近年テニスをやっている子供たちの海外留学や短期のサマーキャンプなどの参加者、問い合わせが急増しているという。

 テニスジャーナリストの塚越亘氏が、「本気でトッププレーヤーを目指すなら海外留学はお勧めです」といってこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事