急増するテニス海外留学希望 “錦織ルート”の是非は?

公開日:  更新日:

 本気で強くなりたいというなら、チャレンジするべきだ。

 男子テニスの楽天ジャパン・オープンが3日に開幕(東京・有明)。世界ランキング5位で第1シードの錦織圭(26)の初戦の相手が体調不良を訴え、ドナルド・ヤング(27=米国・同81位)に急きょ変更になった。

 ヤングは錦織と同じ89年生まれで、米国のIMGアカデミーでともに汗を流した仲。05年にジュニアの世界ランク1位となり、同年の全豪ジュニア、07年ウィンブルドン・ジュニアを制したサウスポーだ。試合は、2年ぶり3度目の優勝を狙う錦織が2-1で勝った。

 錦織の活躍で、近年テニスをやっている子供たちの海外留学や短期のサマーキャンプなどの参加者、問い合わせが急増しているという。

 テニスジャーナリストの塚越亘氏が、「本気でトッププレーヤーを目指すなら海外留学はお勧めです」といってこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る