一昨年覇者の渡邉彩香が首位発進 師匠が語る“葛城攻略法”

公開日: 更新日:

【ヤマハレディース】

 静岡県全域の桜の開花はもう間近だが、この時季の天候は不安定だ。初日は好天に恵まれ、渡邉彩香申ジエが4アンダーで首位に並んだ。

 今大会は毎年1日や2日は決まって天候が崩れる。今年も、2日目、3日目は雨予報。そこに名物の強い風が吹けばパーセーブも厳しくなる。渡邉の師匠で開催コースをよく知る石井明義プロがいう。

「葛城は砲台グリーンが多いものの、大きなアンジュレーションや変な癖はない。ピンポジションにもよるが、飛距離が出るプロ、またはユーティリティーがうまいプロなら60台のスコアは出せる。ただし、風が吹くと表情が一変。例えば、ガードバンカーに入れるとピンまで20~30ヤードというケースが多い。毎年現地で見ていますが、韓国選手は距離のあるバンカーショットがうまい。風がある日はフェアウエーキープが絶対条件。ガードバンカーも避けるのが賢明です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  5. 5

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  6. 6

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  7. 7

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  8. 8

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  9. 9

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

  10. 10

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

もっと見る