• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

一昨年覇者の渡邉彩香が首位発進 師匠が語る“葛城攻略法”

【ヤマハレディース】

 静岡県全域の桜の開花はもう間近だが、この時季の天候は不安定だ。初日は好天に恵まれ、渡邉彩香と申ジエが4アンダーで首位に並んだ。

 今大会は毎年1日や2日は決まって天候が崩れる。今年も、2日目、3日目は雨予報。そこに名物の強い風が吹けばパーセーブも厳しくなる。渡邉の師匠で開催コースをよく知る石井明義プロがいう。

「葛城は砲台グリーンが多いものの、大きなアンジュレーションや変な癖はない。ピンポジションにもよるが、飛距離が出るプロ、またはユーティリティーがうまいプロなら60台のスコアは出せる。ただし、風が吹くと表情が一変。例えば、ガードバンカーに入れるとピンまで20~30ヤードというケースが多い。毎年現地で見ていますが、韓国選手は距離のあるバンカーショットがうまい。風がある日はフェアウエーキープが絶対条件。ガードバンカーも避けるのが賢明です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る