日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

渡邉彩香も犠牲者? 有望若手の“突然不振”に外野の雑音

【アクサレディス 初日】

 3年前の今大会でツアー初優勝を遂げた渡邉彩香(23)が初日、5アンダーでホールアウト。首位に並んだ。

 圧倒的な飛距離を武器に4ホールあるパー5で、1イーグル、3バーディーと、相性のいいコースで爆発した。

 渡邉はルーキーイヤーの13年に初賞金シードを決めると、14年1勝、15年2勝と勝ち星を重ねていった。12年のプロ転向から着実に成長して、ツアーを代表する有力選手になった。

 ところが、公式戦優勝とリオ五輪出場を目標に掲げた昨季は未勝利と、不本意なシーズンだった。

「渡邉のような花形プレーヤーになると、大会前に行われるプロアマ戦の目玉選手になります。同組は地元名士、企業トップ、各界ビッグネームと回る。ただ、例えば経済界重鎮と若手プロが一緒だとさすがに会話が弾まないから、そこに樋口久子相談役が入ることがある。すると樋口さんが若手にいろいろ指導しちゃうんです。フェードでボールを飛ばす渡邉には、『あなた、左を向いているわよ』とチェック。若手も樋口さんから言われたらいつまでも頭に残り焦りますよね。渡邉は不振ではありませんが、外野から口を出されて調子を落とす選手は少なくありません」(ツアー記者)

 またキャディーが選手をレッスンしたりと、知名度が上がると変なやからが近寄ってくるというのが女子ツアーの世界なのだ。そんな“雑音”を聞き流す能力も、調子を崩さないためには必要なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事