球団は高評価も 栗山監督“続投報道”はハムナインに効かず

公開日: 更新日:

 7月に入って5連敗が2度、すっかり負けグセのついた日本ハムで21日、動きがあった。スポーツ紙が一斉に「栗山監督続投」と報じたのだ。

 今季は二刀流の大谷を筆頭に、主力どころに故障者が続出。打率4割をキープしていた近藤は椎間板ヘルニアで手術。中田や中島も、ケガで登録を抹消されたことがあった。低迷の原因がハッキリしていて、球団フロントはここまで5年間でリーグ優勝2回、Aクラス4回の実績と手腕を高く評価しているという。

 もっとも、この日の西武戦は左腕・菊池の前に七回途中まで8三振を食らうなど完敗。試合がほぼ決まった終盤の八回と九回に1点ずつ返し、5―8と3点差にするのがやっとだった。栗山監督に対するフロントの評価が妥当かどうかはともかく、「続投」がカンフル剤にならなかったことだけは確かなようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  2. 2

    トランプ親書を尻に?安倍首相の外交力を海外メディア酷評

  3. 3

    5%割れなら…NHKが密かに画策「いだてん」終了プラン

  4. 4

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  5. 5

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  6. 6

    生保調査で分かった 60歳2000人貯蓄の内実と迫る消費不況

  7. 7

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  8. 8

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  9. 9

    「いだてん」はオワコン NHK早くも「麒麟が来る」必勝態勢

  10. 10

    娘の命を助けてくれたから…母親が恩人に“返した”ものとは

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る