球団は高評価も 栗山監督“続投報道”はハムナインに効かず

公開日:

 7月に入って5連敗が2度、すっかり負けグセのついた日本ハムで21日、動きがあった。スポーツ紙が一斉に「栗山監督続投」と報じたのだ。

 今季は二刀流の大谷を筆頭に、主力どころに故障者が続出。打率4割をキープしていた近藤は椎間板ヘルニアで手術。中田や中島も、ケガで登録を抹消されたことがあった。低迷の原因がハッキリしていて、球団フロントはここまで5年間でリーグ優勝2回、Aクラス4回の実績と手腕を高く評価しているという。

 もっとも、この日の西武戦は左腕・菊池の前に七回途中まで8三振を食らうなど完敗。試合がほぼ決まった終盤の八回と九回に1点ずつ返し、5―8と3点差にするのがやっとだった。栗山監督に対するフロントの評価が妥当かどうかはともかく、「続投」がカンフル剤にならなかったことだけは確かなようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  3. 3

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  8. 8

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

  9. 9

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  10. 10

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

もっと見る