球団は高評価も 栗山監督“続投報道”はハムナインに効かず

公開日: 更新日:

 7月に入って5連敗が2度、すっかり負けグセのついた日本ハムで21日、動きがあった。スポーツ紙が一斉に「栗山監督続投」と報じたのだ。

 今季は二刀流の大谷を筆頭に、主力どころに故障者が続出。打率4割をキープしていた近藤は椎間板ヘルニアで手術。中田や中島も、ケガで登録を抹消されたことがあった。低迷の原因がハッキリしていて、球団フロントはここまで5年間でリーグ優勝2回、Aクラス4回の実績と手腕を高く評価しているという。

 もっとも、この日の西武戦は左腕・菊池の前に七回途中まで8三振を食らうなど完敗。試合がほぼ決まった終盤の八回と九回に1点ずつ返し、5―8と3点差にするのがやっとだった。栗山監督に対するフロントの評価が妥当かどうかはともかく、「続投」がカンフル剤にならなかったことだけは確かなようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  3. 3

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  4. 4

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  5. 5

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    フリーアナ古瀬絵理さんが酔うと…捕獲された宇宙人に?

  8. 8

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  9. 9

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  10. 10

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

もっと見る