日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ハム大谷に評価急落の危機 米スカウトが“危険な兆候”指摘

「出力を上げるという意味では問題なかったんですけど、制御することができなかった。課題が残る内容でした。反省を次に生かせるよう、しっかりと調整していきたい」

 日本ハムの大谷翔平(23)が登板後、こう言った。

 12日の対オリックス戦。今季初の一軍マウンドは1回3分の1を投げて2安打、2奪三振、3四球、4失点とボロボロだった。

 ネット裏にはメジャースカウトがズラリ。ドジャース、レンジャーズ、レッドソックス、ツインズに加え、ヤンキースのスカウトも姿を見せた。

「ヤンキースのスカウトは10日から今回の3連戦をチェックしている。なので大谷が10日、DHでスタメン出場した試合も見ています。今オフにもメジャー移籍の可能性があるだけに、ケガの回復具合を確かめにきたのでしょう。どの程度、動けるようになったのか判断しているのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事