8失点“炎上”のハム斎藤佑 一塁カバー怠り中田翔ムカッ!

公開日: 更新日:

 4回を投げて11安打8失点で3敗目(1勝)を喫したのが日本ハムの斎藤佑樹(29)だ。

 メッタ打ちにされたのは仕方がない。単に力がないだけだ。自らの悪送球で失点したことについても、人間だからだれしもミスはする。が、これをやっちゃあ、おしめえよというプレーが11日の斎藤にはあった。

 二回、4点をリードされ、なおも1死三塁のピンチで、打者・大城の当たりは一、二塁間へのゴロ。一塁手の中田がなんとかキャッチ、一塁に投げようと思ったら、ベース上は空っぽ。ベースカバーに入ってしかるべき斎藤は、三塁走者の突入に備えて捕手のカバーに回るわけでもなく、マウンド付近でボケッと突っ立っていたのだ。

 記録は一塁への内野安打。中田は、なぜ一塁のベースカバーに入らなかったのかと憮然とした表情で、マウンドに向かって歩きかけたほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    妹の葬儀にも姿なし 芸能記者が見た中森明菜「一家」の今

  2. 2

    麻生大臣は年金破綻認めていた 10年以上前に論文で堂々と

  3. 3

    愛犬との散歩が日課…夏目三久「フリー8年」寂し気な日常

  4. 4

    ビートたけし“本妻vs愛人”100億円離婚劇ドロ沼決着のウラ

  5. 5

    韓国芸能界は騒然…YGヤン会長辞任の波紋と日本への影響

  6. 6

    クリスチャンの特攻隊員が密かに残した手紙に戦時下の心理

  7. 7

    「ご三家に合格する子」の家庭環境をプロ家庭教師が明かす

  8. 8

    高嶋ちさ子が激怒 反抗期の長男に「お前フザけるなよ!」

  9. 9

    巨人は首位浮上も…守護神マシソン“傷だらけ”で離脱危機

  10. 10

    高嶋ちさ子“毒舌”を否定「これでも歯に衣着せてるんです」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る