8失点“炎上”のハム斎藤佑 一塁カバー怠り中田翔ムカッ!

公開日: 更新日:

 4回を投げて11安打8失点で3敗目(1勝)を喫したのが日本ハム斎藤佑樹(29)だ。

 メッタ打ちにされたのは仕方がない。単に力がないだけだ。自らの悪送球で失点したことについても、人間だからだれしもミスはする。が、これをやっちゃあ、おしめえよというプレーが11日の斎藤にはあった。

 二回、4点をリードされ、なおも1死三塁のピンチで、打者・大城の当たりは一、二塁間へのゴロ。一塁手の中田がなんとかキャッチ、一塁に投げようと思ったら、ベース上は空っぽ。ベースカバーに入ってしかるべき斎藤は、三塁走者の突入に備えて捕手のカバーに回るわけでもなく、マウンド付近でボケッと突っ立っていたのだ。

 記録は一塁への内野安打。中田は、なぜ一塁のベースカバーに入らなかったのかと憮然とした表情で、マウンドに向かって歩きかけたほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  2. 2

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    綾瀬はるかは看板女優に…“恋敵”戸田恵梨香とガチンコ勝負

  5. 5

    SMAP独立騒動舞台裏…メリー氏は文春誌上で独自理論を展開

  6. 6

    綾瀬はるか“新・視聴率の女王”確実も…恋愛成就を危ぶむ声

  7. 7

    自公議員が銀座でハシゴ酒…芸能人は“音沙汰なし”のナゼ

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  10. 10

    羽生と決別か…オーサー氏が中国人選手の指導に熱心な理由

もっと見る