• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

8失点“炎上”のハム斎藤佑 一塁カバー怠り中田翔ムカッ!

 4回を投げて11安打8失点で3敗目(1勝)を喫したのが日本ハムの斎藤佑樹(29)だ。

 メッタ打ちにされたのは仕方がない。単に力がないだけだ。自らの悪送球で失点したことについても、人間だからだれしもミスはする。が、これをやっちゃあ、おしめえよというプレーが11日の斎藤にはあった。

 二回、4点をリードされ、なおも1死三塁のピンチで、打者・大城の当たりは一、二塁間へのゴロ。一塁手の中田がなんとかキャッチ、一塁に投げようと思ったら、ベース上は空っぽ。ベースカバーに入ってしかるべき斎藤は、三塁走者の突入に備えて捕手のカバーに回るわけでもなく、マウンド付近でボケッと突っ立っていたのだ。

 記録は一塁への内野安打。中田は、なぜ一塁のベースカバーに入らなかったのかと憮然とした表情で、マウンドに向かって歩きかけたほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  8. 8

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  9. 9

    根尾、藤原だけじゃない 大阪桐蔭ドラフト候補10人の秘密

  10. 10

    【漁業権開放】漁村の資源管理が混乱 生活基盤が崩壊する

もっと見る