身体は満身創痍でも 巨人・陽岱鋼に戦力以外の“付加価値”

公開日:  更新日:

 巨人の陽岱鋼(30)が10日のヤクルト戦を欠場した。前日9日の阪神戦で六回に途中交代。この日は試合前の練習を行わなかった。練習後、村田ヘッドコーチは「陽? 登録を抹消していない? おお。それでええじゃないか」と言葉少な。鹿取GMは「そんなにひどくはないと聞いている」と軽症を強調したが、裏を返せば、ちょっとした違和感でベンチに引っ込んだことになる。気分屋の性格はチームにとって厄介だが、大西外野守備走塁コーチは以前、こう話していた。

「間に合わないのにガバッと高い送球で無理してバックホームして、打者走者に二塁へ行かれないように、陽には状況判断しようと言っています」

■先輩・新庄譲りの派手なプレー

 古巣・日本ハム関係者も、「先輩の新庄の影響を受けているから、プレーひとつ取っても、見せることを意識していて派手。その延長線上でスタンドプレーに走ることがある」と言っていた。前日の試合で、まさにそれをやった。五回1死二塁で、中前打の本塁返球が大きく上へそれ、生還を許しただけでなく、打者走者も二塁へ進んだ。これが失点につながり、テレビ解説していた阪神の岡田元監督に「エラーじゃないんですか?(記録は二塁打)あんなもんエラーですよ。あれをやられたら投手はたまりませんよ」とダメ出しを食らうお粗末プレー。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

もっと見る