身体は満身創痍でも 巨人・陽岱鋼に戦力以外の“付加価値”

公開日: 更新日:

 巨人の陽岱鋼(30)が10日のヤクルト戦を欠場した。前日9日の阪神戦で六回に途中交代。この日は試合前の練習を行わなかった。練習後、村田ヘッドコーチは「陽? 登録を抹消していない? おお。それでええじゃないか」と言葉少な。鹿取GMは「そんなにひどくはないと聞いている」と軽症を強調したが、裏を返せば、ちょっとした違和感でベンチに引っ込んだことになる。気分屋の性格はチームにとって厄介だが、大西外野守備走塁コーチは以前、こう話していた。

「間に合わないのにガバッと高い送球で無理してバックホームして、打者走者に二塁へ行かれないように、陽には状況判断しようと言っています」

■先輩・新庄譲りの派手なプレー

 古巣・日本ハム関係者も、「先輩の新庄の影響を受けているから、プレーひとつ取っても、見せることを意識していて派手。その延長線上でスタンドプレーに走ることがある」と言っていた。前日の試合で、まさにそれをやった。五回1死二塁で、中前打の本塁返球が大きく上へそれ、生還を許しただけでなく、打者走者も二塁へ進んだ。これが失点につながり、テレビ解説していた阪神の岡田元監督に「エラーじゃないんですか?(記録は二塁打)あんなもんエラーですよ。あれをやられたら投手はたまりませんよ」とダメ出しを食らうお粗末プレー。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事故現場の路上で開胸手術!心停止を救った医師に称賛の声

  2. 2

    自民が陥った参院選目前の“三重苦” 1人区に逆風で状況一変

  3. 3

    安倍首相は真っ青「年金返せデモ」でよぎる“12年前の大敗”

  4. 4

    全米爆笑!バスに乗り遅れ学校サボった男の子の“弁明書”

  5. 5

    安倍政権が露骨スリ寄り 吉本興業と“ズブズブ”三文芝居

  6. 6

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  7. 7

    「集団左遷!!」福山雅治さんに心配してもらった大人の部活

  8. 8

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  9. 9

    日本人も加担 瀬取りの元祖は日朝諜報機関の“接触”だった

  10. 10

    低迷する「いきなり!ステーキ」 V字回復への起死回生策は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る