• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

身体は満身創痍でも 巨人・陽岱鋼に戦力以外の“付加価値”

 巨人の陽岱鋼(30)が10日のヤクルト戦を欠場した。前日9日の阪神戦で六回に途中交代。この日は試合前の練習を行わなかった。練習後、村田ヘッドコーチは「陽? 登録を抹消していない? おお。それでええじゃないか」と言葉少な。鹿取GMは「そんなにひどくはないと聞いている」と軽症を強調したが、裏を返せば、ちょっとした違和感でベンチに引っ込んだことになる。気分屋の性格はチームにとって厄介だが、大西外野守備走塁コーチは以前、こう話していた。

「間に合わないのにガバッと高い送球で無理してバックホームして、打者走者に二塁へ行かれないように、陽には状況判断しようと言っています」

■先輩・新庄譲りの派手なプレー

 古巣・日本ハム関係者も、「先輩の新庄の影響を受けているから、プレーひとつ取っても、見せることを意識していて派手。その延長線上でスタンドプレーに走ることがある」と言っていた。前日の試合で、まさにそれをやった。五回1死二塁で、中前打の本塁返球が大きく上へそれ、生還を許しただけでなく、打者走者も二塁へ進んだ。これが失点につながり、テレビ解説していた阪神の岡田元監督に「エラーじゃないんですか?(記録は二塁打)あんなもんエラーですよ。あれをやられたら投手はたまりませんよ」とダメ出しを食らうお粗末プレー。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  7. 7

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

  8. 8

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  9. 9

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  10. 10

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

もっと見る