• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

アルガルベ現地リポート 高倉監督は選手の覚悟待っていた

 アルガルベ杯で日本女子サッカー代表「なでしこジャパン」は、最終的に6位で大会を終えた。

 初戦で6失点。その後の戦いに選手たちは恐怖したが、選手発信のミーティングで戦い方を煮詰め、統一感のある守備が張れるようになった。

 常に「ピッチで戦うのは選手。自分で判断する力を磨くべき」という考えを示してきた高倉麻子監督は、「ようやく自発的に動いた」と感じた。

 選手たちの“覚悟”を待っていたのである。

 その高倉監督の一貫した姿勢として「選手を固定しない」がある。

 主軸ボランチとして揺るぎない立場にある日テレMF阪口夢穂。ペアを組む選手はゴマンといる。第3戦・デンマーク戦では、仙台MF市瀬菜々と初コンビを組んだ。

 試合途中でシアトルMF宇津木瑠美が投入された。及第点の動きを見せた市瀬の後をすんなりと引き継いだ宇津木の対応力には舌を巻いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  6. 6

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  7. 7

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る