アルガルベ現地リポート 高倉監督は選手の覚悟待っていた

公開日:

 アルガルベ杯で日本女子サッカー代表「なでしこジャパン」は、最終的に6位で大会を終えた。

 初戦で6失点。その後の戦いに選手たちは恐怖したが、選手発信のミーティングで戦い方を煮詰め、統一感のある守備が張れるようになった。

 常に「ピッチで戦うのは選手。自分で判断する力を磨くべき」という考えを示してきた高倉麻子監督は、「ようやく自発的に動いた」と感じた。

 選手たちの“覚悟”を待っていたのである。

 その高倉監督の一貫した姿勢として「選手を固定しない」がある。

 主軸ボランチとして揺るぎない立場にある日テレMF阪口夢穂。ペアを組む選手はゴマンといる。第3戦・デンマーク戦では、仙台MF市瀬菜々と初コンビを組んだ。

 試合途中でシアトルMF宇津木瑠美が投入された。及第点の動きを見せた市瀬の後をすんなりと引き継いだ宇津木の対応力には舌を巻いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

もっと見る