アルガルベ現地リポート 高倉監督は選手の覚悟待っていた

公開日:

 アルガルベ杯で日本女子サッカー代表「なでしこジャパン」は、最終的に6位で大会を終えた。

 初戦で6失点。その後の戦いに選手たちは恐怖したが、選手発信のミーティングで戦い方を煮詰め、統一感のある守備が張れるようになった。

 常に「ピッチで戦うのは選手。自分で判断する力を磨くべき」という考えを示してきた高倉麻子監督は、「ようやく自発的に動いた」と感じた。

 選手たちの“覚悟”を待っていたのである。

 その高倉監督の一貫した姿勢として「選手を固定しない」がある。

 主軸ボランチとして揺るぎない立場にある日テレMF阪口夢穂。ペアを組む選手はゴマンといる。第3戦・デンマーク戦では、仙台MF市瀬菜々と初コンビを組んだ。

 試合途中でシアトルMF宇津木瑠美が投入された。及第点の動きを見せた市瀬の後をすんなりと引き継いだ宇津木の対応力には舌を巻いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る