なでしこ大量失点…欧州王者に突き付けられた厳しい現実

公開日:

【フォトジャーナリスト・早草紀子 アルガルベ杯現地特別リポート】

 2017年の欧州王者オランダと対戦し、まさかの大量失点(2―6)で幕を開けたアルガルベカップ(ポルトガル)。

 試合中、あの手この手でチームの立て直しを図っていたのが、なでしこジャパンDF鮫島彩(30=神戸)、MF阪口夢穂(30=日テレ)ら、かつての“強かった”なでしこジャパンの系譜を引き継ぐ選手たちだった。

「(カナダ)W杯(の決勝)のときだって5失点だったのに……」

 ショックを隠し切れない鮫島は「(相手ボールの)“取りどころ”がなかった」と振り返りながら「簡単にゴールを許してる。今は(立ち上がりの相手の猛攻を)耐える力がない。守りから入った方がリズムをつくりやすいかも」と言った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  9. 9

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る