アルガルベ杯6位 高倉なでしこに「大きな曲がり角」の声

公開日:

 アルガルベ杯(ポルトガル)で日本女子サッカー代表「なでしこジャパン」が、7日の5位決定戦でカナダ相手に完敗を喫した。なでしこの世界ランクは9位。カナダは5位。結果は順当とはいえ、負けっぷりが良くなかった。

 前半20分と後半5分の失点は、いずれも守備陣の判断ミスが発端となった。終了間際に獲得したPKはFW田中美南(日テレ)が外し、0―2で試合終了である。

「女子サッカーのランク上位国は、なでしこに対してフィジカルの強さを前面に出してハイプレスをかけ、スピードの乗ったカウンターを仕掛けてくる。2011年ドイツ女子W杯の世界女王のなでしこは、パスを細かく回しながらリズムをつくりチーム全体の連動性で世界の頂点を極めたが、同じやり方では欧州中堅国にも勝ち目が薄いことが今大会でいよいよハッキリした格好です。愚直に連動性を高めていくのか? 選手個々のスキルアップに主眼を置くのか? 高倉なでしこは、大きな曲がり角に立たされている」(元サッカーダイジェスト編集長・六川亨氏)

 19年女子W杯フランス大会予選を兼ねた女子アジア杯は4月6日、ヨルダンで開幕する。残された時間は少ない……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る