アルガルベ杯6位 高倉なでしこに「大きな曲がり角」の声

公開日:

 アルガルベ杯(ポルトガル)で日本女子サッカー代表「なでしこジャパン」が、7日の5位決定戦でカナダ相手に完敗を喫した。なでしこの世界ランクは9位。カナダは5位。結果は順当とはいえ、負けっぷりが良くなかった。

 前半20分と後半5分の失点は、いずれも守備陣の判断ミスが発端となった。終了間際に獲得したPKはFW田中美南(日テレ)が外し、0―2で試合終了である。

「女子サッカーのランク上位国は、なでしこに対してフィジカルの強さを前面に出してハイプレスをかけ、スピードの乗ったカウンターを仕掛けてくる。2011年ドイツ女子W杯の世界女王のなでしこは、パスを細かく回しながらリズムをつくりチーム全体の連動性で世界の頂点を極めたが、同じやり方では欧州中堅国にも勝ち目が薄いことが今大会でいよいよハッキリした格好です。愚直に連動性を高めていくのか? 選手個々のスキルアップに主眼を置くのか? 高倉なでしこは、大きな曲がり角に立たされている」(元サッカーダイジェスト編集長・六川亨氏)

 19年女子W杯フランス大会予選を兼ねた女子アジア杯は4月6日、ヨルダンで開幕する。残された時間は少ない……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  9. 9

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る