なでしこの“カンフル剤” 不発FW横山のゴールを待っている

公開日:

【フォトジャーナリスト・早草紀子 アルガルベ杯現地特別リポート】

 ポルトガルで開催中のアルガルベ杯でグループリーグ3試合を戦った女子サッカー日本代表「なでしこジャパン」。大量6失点を喫したオランダ戦の後に選手ミーティングで立て直しを図り、それからの2試合で“戦うべき道筋”を見つけた。

 高倉麻子監督は、立ち上げから<自由なプレー>を理想に掲げてきた。どこまで指揮官の理想を組み込めばいいのだろうか? どこまで選手は自分たちの判断を優先すればいいのだろうか?

 その線引きを明確にせず、彼女たちはポルトガルの地を踏んだ。いつか訪れる「決壊」だった。

 しかし、2試合目から選手たちの<徹底して前からボールに向かっていく守備>が動き出した。

 前線からファーストディフェンダーが無駄なく動く。すると他選手が空いたスペースを埋めようとして、必然的にコンビネーションが良化していった。この攻守の連動性こそが、なでしこのバロメーターとなるものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る