• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

なでしこの“カンフル剤” 不発FW横山のゴールを待っている

【フォトジャーナリスト・早草紀子 アルガルベ杯現地特別リポート】

 ポルトガルで開催中のアルガルベ杯でグループリーグ3試合を戦った女子サッカー日本代表「なでしこジャパン」。大量6失点を喫したオランダ戦の後に選手ミーティングで立て直しを図り、それからの2試合で“戦うべき道筋”を見つけた。

 高倉麻子監督は、立ち上げから<自由なプレー>を理想に掲げてきた。どこまで指揮官の理想を組み込めばいいのだろうか? どこまで選手は自分たちの判断を優先すればいいのだろうか?

 その線引きを明確にせず、彼女たちはポルトガルの地を踏んだ。いつか訪れる「決壊」だった。

 しかし、2試合目から選手たちの<徹底して前からボールに向かっていく守備>が動き出した。

 前線からファーストディフェンダーが無駄なく動く。すると他選手が空いたスペースを埋めようとして、必然的にコンビネーションが良化していった。この攻守の連動性こそが、なでしこのバロメーターとなるものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  6. 6

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  7. 7

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  10. 10

    ファンも聞き飽きた 本田圭佑の“大風呂敷”惨敗した4年前も

もっと見る