ノルディック複合・渡部 2大会連続銀で欧州企業が熱視線

公開日:

 悲願の金メダル取りはならなかった。

 ノルディックスキー複合の渡部暁斗(29)が14日のノーマルヒル(NH)後半距離で2位に入り、2大会連続の銀メダルを獲得した。

 前半の飛躍は105.5メートルを飛び、3位で後半の距離に臨んだ。首位と28秒差でスタートし、終始レースを引っ張ったが、最後の勝負どころである上りで、ソチ五輪金メダルのエリック・フレンツェル(29=ドイツ)にリードを許し2位でゴールした。

「キング・オブ・スキー」として表彰台の真ん中に立てなかった渡部は「メダルを取れてほっとしているのが半分と、自分が目指していたところにたどり着かなかったという悔しさが半分」と複雑な心境を吐露。ライバルに競り負けたことには「彼の方がスピードがあったので完敗かな」と脱帽である。

 メダルの色はともかく、2大会連続の表彰台で、欧州での注目度はさらに高まりそうだ。W杯で欧州の強豪たちと互角以上に渡り合う渡部は、目の肥えた本場のファンから絶大な支持を得ている。どの大会でもスタンドから声援を受け、特にオーストリアやドイツでの注目度はフレンツェルらのトップ選手と肩を並べるほど。レース後のインタビューに流暢な英語で応じるなど、語学に堪能なことも、ファンに受け入れられている理由のひとつだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る