ノルディック複合・渡部 2大会連続銀で欧州企業が熱視線

公開日:

 悲願の金メダル取りはならなかった。

 ノルディックスキー複合の渡部暁斗(29)が14日のノーマルヒル(NH)後半距離で2位に入り、2大会連続の銀メダルを獲得した。

 前半の飛躍は105.5メートルを飛び、3位で後半の距離に臨んだ。首位と28秒差でスタートし、終始レースを引っ張ったが、最後の勝負どころである上りで、ソチ五輪金メダルのエリック・フレンツェル(29=ドイツ)にリードを許し2位でゴールした。

「キング・オブ・スキー」として表彰台の真ん中に立てなかった渡部は「メダルを取れてほっとしているのが半分と、自分が目指していたところにたどり着かなかったという悔しさが半分」と複雑な心境を吐露。ライバルに競り負けたことには「彼の方がスピードがあったので完敗かな」と脱帽である。

 メダルの色はともかく、2大会連続の表彰台で、欧州での注目度はさらに高まりそうだ。W杯で欧州の強豪たちと互角以上に渡り合う渡部は、目の肥えた本場のファンから絶大な支持を得ている。どの大会でもスタンドから声援を受け、特にオーストリアやドイツでの注目度はフレンツェルらのトップ選手と肩を並べるほど。レース後のインタビューに流暢な英語で応じるなど、語学に堪能なことも、ファンに受け入れられている理由のひとつだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る