平昌五輪現地リポート ジャンプ会場で感じた寒さと不人気

公開日:

 10日に行われた男子個人ノーマルヒルの日本勢はメダルなしに終わった。その日、現場で競技を観戦していたのが、普段は韓国野球を専門に取材している室井昌也氏だ。ジャンプ会場舞台裏を語ってくれた。

 ◇  ◇  ◇

 葛西(紀明)選手のジャンプを五輪の舞台で見られるチャンスはそうそうない。ネットで席位置を確認し、ジャンプ台に向かって左側のスタンド席(座席)を20万韓国ウオン(約2万円・立ち見席は約1万円)で買い、現地に行きました。入り口でチケットを見せると、なぜか足止めをくった。「もしや、偽造チケットか?」と心配しましたが、「この席は見づらいので、右側のスタンド席と交換する」というので、おかしいなとは思いつつも従いました。韓国ではジャンプのトップ選手がいません。競技開始が22時前という時間も影響したのでしょう。前売りは完売も空席があり、観客は想像していたよりも少なかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  4. 4

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  9. 9

    小規模・家族経営を潰す安倍政権の時代錯誤な“新自由主義”

  10. 10

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

もっと見る