平昌が強風なら東京は酷暑 五輪劣化招いたIOCとTV局の罪

公開日:

 冬の祭典が開幕早々、世界中の失笑を買っている。

 アジアで3度目となる平昌冬季五輪。9日の開会式で乱入者が現れたかと思えば、開幕後は現地の強風と極寒の影響で競技開催に混乱をきたし、選手からブーイングが巻き起こっているのだ。

 過酷な環境の犠牲になったのは、ノルディックスキー男子ジャンプの選手。

 10日のノーマルヒル決勝のジャンプ台には絶え間なく強風が吹きすさび、そのたびに試合は中断。試合開始は現地時間21時35分で、気温は一時マイナス10度を下回るなど、厳しい寒さにも襲われた。

 選手の多くは難しい調整を強いられ、惨敗に終わった葛西紀明(21位)、小林潤志郎(31位)らの日本勢はもちろん、今季W杯総合1位のストフ(4位=ポーランド)、2位のフライタク(9位=ドイツ)ですら表彰台を逃した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  8. 8

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

もっと見る