「舞台」西加奈子著

公開日:  更新日:

■過剰な自意識を抱えNYの街を彷徨する青年の切なさ

 29歳にして、初めての一人旅でニューヨークにやってきた葉太。幼い頃から自意識が強かった彼は、浮かれた観光客だと見られるのが恥ずかしく、はしゃぐ気持ちを抑えながら街を歩いていた。ところが観光初日、セントラルパークでかばんを盗まれてしまう。中には財布、パスポート、着替え等所持品一切が入っていた。途方に暮れる葉太だが、ここでも強力な自意識が働き、かばんを盗まれて慌てるお上りさんと思われないよう、平静を装い曖昧な笑いを浮かべるのだった。ホテル代は前払いしてあったものの所持金はわずか12ドル。すぐに領事館へ駆け込めばいいものを、観光初日に盗難に遭ったと告げるのが恥ずかしい。仕方なく空腹を抱えながら街をさまようことに――。

 実は、葉太の自意識過剰は作家であった亡き父親への反発に起因しており、異国の地で絶望的な状況に追い込まれることで、葉太の父への思いと自意識が徐々に変容していく。混沌(こんとん)としたニューヨークの街を、自意識という厄介な問題を抱えながら歩いていく葉太の姿は、滑稽ながらもいつしか切なさが募ってくる。(講談社 1400円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る