• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「新天地」江波戸哲夫著

 太平電機の真崎直人は知り合いの社長に、韓国のトムスン・グループのオーナーの娘婿と引き合わされた。「ゼロ反射フィルム」の開発をめざす真崎を引き抜こうというのだ。今まで「技術開発こそ太平電機の生命線だ」という会長の下で「低反射フィルム」の開発までこぎつけたのだが、会長が倒れてからは経営陣の方針が変わった。真崎はトムスン化学に移って開発を続けることを決意する。名もパク・ミンギと変えて新しい職場に溶け込もうとするが、部下のチャンは真崎の指示に従わない。

 長年、産業界、経済界を取材してきた著者が、韓国のサムスン電子をモデルに、異文化のなかで戦い続けた技術者を描く。(講談社 1750円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  8. 8

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  9. 9

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  10. 10

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

もっと見る