• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「新天地」江波戸哲夫著

 太平電機の真崎直人は知り合いの社長に、韓国のトムスン・グループのオーナーの娘婿と引き合わされた。「ゼロ反射フィルム」の開発をめざす真崎を引き抜こうというのだ。今まで「技術開発こそ太平電機の生命線だ」という会長の下で「低反射フィルム」の開発までこぎつけたのだが、会長が倒れてからは経営陣の方針が変わった。真崎はトムスン化学に移って開発を続けることを決意する。名もパク・ミンギと変えて新しい職場に溶け込もうとするが、部下のチャンは真崎の指示に従わない。

 長年、産業界、経済界を取材してきた著者が、韓国のサムスン電子をモデルに、異文化のなかで戦い続けた技術者を描く。(講談社 1750円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  6. 6

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  7. 7

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る