「『雲』の楽しみ方」ギャヴィン・プレイター=ピニー著 桃井緑美子訳

公開日: 更新日:

 ひとつとして同じものはなく、刻々と変化する「雲」の魅力に取りつかれた著者は「雲を愛でる会」を設立。世界各地の会員からホームページに寄せられた美しい雲の写真を紹介しながら、雲の魅力を語る科学読み物。

 雲は積雲から巻層雲まで10種の雲形に分類され、それぞれ見た目の特徴によってまたさらに「種」「変種」へと分類される。基本の雲から、雲と名のつくもののなかで最高の美しさを誇るといわれる「真珠雲」などの変わり種まで、その特徴や発生の原理などを解説。裸の女を抱くゼウスを黒い積雲として描いた絵画や、地震の予兆といわれる雲の真偽など、興味深いエピソードもたっぷり紹介。読後は、空を見上げるのが癖になりそう。(河出書房新社 980円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  9. 9

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  10. 10

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る