「『雲』の楽しみ方」ギャヴィン・プレイター=ピニー著 桃井緑美子訳

公開日:

 ひとつとして同じものはなく、刻々と変化する「雲」の魅力に取りつかれた著者は「雲を愛でる会」を設立。世界各地の会員からホームページに寄せられた美しい雲の写真を紹介しながら、雲の魅力を語る科学読み物。

 雲は積雲から巻層雲まで10種の雲形に分類され、それぞれ見た目の特徴によってまたさらに「種」「変種」へと分類される。基本の雲から、雲と名のつくもののなかで最高の美しさを誇るといわれる「真珠雲」などの変わり種まで、その特徴や発生の原理などを解説。裸の女を抱くゼウスを黒い積雲として描いた絵画や、地震の予兆といわれる雲の真偽など、興味深いエピソードもたっぷり紹介。読後は、空を見上げるのが癖になりそう。(河出書房新社 980円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  9. 9

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る